イヌイットの食事といった慣習疾患

イヌイットは、いわゆるエスキモーと呼ばれる北極圏のツンドラ地帯に住む原住民族の部類のうち、カナダ北部の氷雪地帯に住む原住民族のことです。これらイヌイットを含むエスキモーの人たちは、因習系統にアザラシや鯨、白熊などの肉ばっかり食べて、野菜などを概してとらない食事を通していました。ただし奴らは、肉ばっかり食べているにもかかわらず糖尿病気、高脂血液症、動脈硬直などの務め病気に掛かることはほとんどありません。
それは、奴らが主に生で肉を食べることが、その意義の一つではないかと言われています。生肉は、炊事した肉よりもビタミンを手広く摂取することができるので、野菜が空白取り入れできなくてもビタミンなどの取り入れが可能だとも言われているのです。新田次郎のマガジン「アラスカ講話」の中にも、北極の探索隊が野菜欠陥による壊血病で考え込むなか、仲間入りしたエスキモーは、生肉を摂るので万全であったというエピソードが描かれていらっしゃる。