青魚に手広くあるDHA

DHAはイワシやサバなどの青魚に手広く含まれている壮健もとだ。
不満杯脂肪酸と呼ばれる一種の脂質に分類されるのですが、DHAは摂取しても血中に脂肪となって蓄積されることなく、その反対に血中の中性脂肪やコレステロールを排除するという働きをすることがわかっています。
血間の中性脂肪やコレステロールは血の粘たびを高くしますので、目立ちすぎると血がどろどろになって過ぎ行きにくくなり、動脈硬直や血栓などが起こる原因となります。
どろどろ血液を放置すると、近々心筋梗塞といった命にかかわる疾患の原因にもなりかねませんので、日頃からDHAを十分に摂取し、血をサラサラに保つことが大切なのです。
毎日の推薦摂取量は1グラム以上とされていますが、こういう高を青魚から摂取するには魚を値百グラムスケールを食べなければならないことになります。
仮に難しいと思える場合はサプリメントを通じて手軽に摂取することもできますので、自分勝手でのDHA飲用を心がけましょう。