DHAと年配性痴呆症

今日、DHAでお爺さん性痴呆症が直るというトピックスを思い切り耳にします。DHAはドコサヘキサエン酸の略で脳細胞からでている突起を引き伸ばす効果があると言われている元凶だ。お爺さん性痴呆症の人物の脳細胞はトータルが死滅やるわけではなく残存している脳細胞から目新しい突起を出す結果、とうに死滅した細胞の代わりになっているという報せもあります。DHAは脳細胞の突起を引き伸ばすところに作用する結果脳リアクションの収納や治癒に関わっていらっしゃる。さまざまな追及が進む内、最近の企てではアルツハイマー等級痴呆症の防護や改めにまでインパクトが期待されてきています。DHAにはお爺さん性痴呆症の改めや防護の他に稽古リアクションの増量、視力ダウンの管理、動脈硬化の予防や血栓の管理、高血圧の管理、活動技能の増量などが知られるようになりました。また悪玉コレステロールを引き下げる効果であったり、中性脂肪を押し下げることも報告されていらっしゃる。いま、とくに注目されているのは脳の老化はDHAの減算が原因になっているのかどうかという内容だ。こういうドコサヘキサエン酸をあとあと上手く活用し投与積み重ねる結果衰えた脳リアクションを多少なりとも改めさせ、本来の人間らしい暮らしを奪い返すひとつのきっかけになることを期待しています。